物流・倉庫・工場・研究所の実績紹介

大阪ソーダ 新研究開発棟

本計画では、分散する各研究部門と生産技術研究部門を集約し、技術の融合を図りました。恒温恒湿化での実験・評価ができる実験室や高薬理活性物質を扱うためのハザード対応をした実験室を設置することから、設計段階では発注者が要求する機能・性能を保持しながら技術提案することで、建設費を予算内に抑えました。また、実施設計後の精算見積り段階では、競争原理を働かせるために専門工事会社から見積りを徴集し、設計・施工会社の見積査定をおこない、建設費の適正化を実現しました。

 プロジェクトの特徴
 ・設計・施工会社が決定し、基本設計を進めている途中から支援
 ・工事費に競争原理を働かせるため、専門工事会社から見積りを徴集し査定を実施
 ・高薬理活性物質等を扱う研究施設の機能・性能を維持しながら技術提案を実施
 

事業主

株式会社大阪ソーダ

所在地

兵庫県尼崎市

建物用途

研究施設

延床面積

約4,500㎡

構 造

S造

階 数

地上4