公共施設の実績紹介

新市立島田市民病院

国土交通省では、地方公共団体における多様な入札契約方式の導入と活用を促進するために、モデルとなる「多様な入札契約方式モデル事業」を平成26年度から開始し、平成27年度はモデル事業の一つとして「新市立島田市民病院」が選定され、プラスPMはその支援事業者として業務をおこないました。当建、設事業が抱えていた本質的な課題の抽出と整理をおこなうことにより、公立病院の建設事業の推進におけるさまざまな課題を解決するための手法としてコンストラクション・マネジメント方式が導入されました。

プロジェクトの特徴
・自治体発注工事のモデルとしての入札契約方式の検討、策定支援
・自治体病院の先行事例を分析し、最適な入札契約方式を検討
・導入が想定される入札契約方式において必要となる事前の諸手続きをアドバイス
 

事業主

島田市

発注者

国土交通省

所在地

静岡県島田市

建物用途

病院