施設別ポイント|高齢者施設・老人ホーム

20年の経験、200棟を越える実績、
徹底的な経営安定化を実現

 プラスPMは、高齢者住宅事業において、20年の経験・200棟を超える実績で得たノウハウで、お客様の経営安定化に向けて建設プロジェクトを支援します。高齢者住宅には、サービス付高齢者向け住宅から有料老人ホーム、特別養護老人ホームの他、様々な形態があります。建物種別により入居する高齢者の身体状況が違うばかりではなく、経年により入居後の状況が変化するだけに将来を見据えての建築計画は重要です。動線計画、介護スタッフの配置計画、食事、入浴の運営方法まで多くの検討事項があります。高齢者住宅事業のコンサル経験がある当社では、運営に配慮した基本構想づくりと建設投資額を抑えるコストマネジメントを提供します。


3つのコアスキル

 プラスPMでは高齢者施設・老人ホームの事業を成功に導くために、「事業構築力(マーケティング)」「計画力」「コストマネジメント力」の3つのコアスキルで、経営安定化に向けて建設プロジェクトを支援します。

●事業構築力

・市場にあった商品の設定
・競合分析から、競争力の高い商品の設定
・運営を理解した上で作成する事業収支計画

●計画力

・運営効率に配慮した計画
・最新設備、機器情報の提案
・魅力あるデザインの提案

●コストマネジメント力

・事業企画段階からの正確な建設コスト予測
・実勢価格データベース活用
・設計~竣工迄のコスト管理
・事業にあった発注方法提案
・効果的なコスト削減提案

 高齢者住宅事業における主な課題と解決策

 高齢者住宅・老人ホーム事業を立ち上げる上では、「事業構想段階」と「事業実施段階」が重要になってきます。ここでは、それぞれの段階で生じる主な課題と、それに対する主な解決策をまとめました。
 

事業構想段階


 

事業実施段階


 業務フローと支援内容

 高齢者施設・老人ホームの施設整備をおこなうための業務フローと支援内容は、以下のようなプロセスとなります。